多汗症治療について

多汗症の原因

多汗症は、たくさん汗をかく人の事を言います。 多汗症は、汗っかきの人?と思われがちですが汗っかきとは違います。
遺伝によるものや自律神経の崩れや生活習慣病によるものが原因とされています。 症状としては、足の裏や手のひら、頭や顔に突発的に汗をかく人、生活習慣病の合併症となる身体の不調によるものなどです。

自律神経の崩れによる多汗症は、過労やストレス、運動不足などによって自律神経のバランスが崩れてしまい、常に緊張している状態となるのです。 遺伝による多汗症の場合には、アポクリン汗腺という脇の下にある汗腺と脇の下の皮膚上にいる細菌が混ざり合った事による多汗症です。
これは、わきがとも思われる事もありますが、わきがとは違います。

多汗症では、アポクリン汗腺よりもエクリン腺からの分泌量が多いのです。 このエクリン腺からの大量の分泌は、生活習慣病や精神的なストレスからくるものとされています。

このように、たくさんの原因があるため医者に通っているけれど改善の兆しが一向にみられないという方は、他の病気と併発している場合もあるのです。 多汗症は、ほとんどの人がただの汗っかきと思われている人が多いようです。 緊張すると大量の汗をかく、暑い時期は大量に汗をかく人は一度医師に相談してみる事をおすすめします。
汗っかきの自分はもう嫌という人は、多汗症の治療薬などもあります。 また、ストレスを溜めこまないようにしたり、アルコールや喫煙を控える事、脂分や糖分を控えたり、ぬるめのお湯に入浴する事、ストレッチなどでリフレッシュしてみたりを心がけてみてくださいね。